勉強するなら♪マキシマムザホルモン♪これで京大合格しました♪

雑記と言う名のメインカテゴリー

へい!世の学生たちよ!勉強してるかーい!杏子咲が勉強の効率が上がる方法を教える\\よ//

この記事で詳しくなれます

・京大合格の彼について
・ちょっとマキシマムザホルモンについて

・ちょっと脳について
・ もしかしたら勉強必勝法かも

この記事読んだところで無益なの?効率が上がる勉強法を調べているのに?へいへーい!!!
無益になるか有益になるかはアナタの勉強次第!いやごもっともやけども〜!!!!

じゃあいってみよーう!

京大合格の彼の勉強法!

私が高校生の時にお付き合いしていた彼は秀才でして。しかも校内一厳しく、部活時間も長い野球部員でして。文武両道とはこのこと。それはそれは絵に書いたような「優等生」でございました。

いやほんま今になって、、、当時から思ってたけれどいつ勉強してたの?

そして私は絵に書いたような「劣等生」でございました。(そんな私と付き合った彼の心意気)その「劣等生」ぶりたるや。

ええ。このブログにて両親、各先生方にお詫び申し上げます。その節は大変申し訳ございませんでした。そしてブログを私用に使ってしまいまして申し訳ございません。

当時、彼に「普段はどうやって勉強しているの?」と聞いたんです。

劣等生だったけれど優等生である彼に少しでも近づきたい、一緒に勉強したい、って思いましたから。うふふ。

私は「数学ならひたすら基礎問題を解いて〜」などの具体的な返事がくると思っていたのですが、彼は「勉強する時は決まって『マキシマムザホルモン』聞いてるよ」と。(返答が間違っているとかではなくね)

「はて、マキシマムザホルモンとは、、、勉強とは、、、?」

 

基本的に勉強というのは自室にこもって集中!というものだと思っていたので「音楽ききながら勉強?頭に入るの?それ?」と甚だ疑問でした。

しかし、普段硬派で無口な彼から得ることができた「マキシマムザホルモン」というワード。

もはや聞くべきは勉強法ではない。「かわいい彼女」でありたかった私は想像するにさり気ない上目遣いで「マ、マキシマムザホルモンって?」と聞きます。

んで彼は教えてくれるわけですね、マキシマムザホルモン情報を。勉強法を聞いたのに意図せずマキシマムザホルモンについて詳しくなりました。

ほわーい、まきしまむざほるもん?

なぜ『マキシマムザホルモン』なのか
~京大に受かったN君に聞いてみた~

①1曲の中に抑揚が沢山あって、その抑揚ごとに覚えることが出来る。

②ナヲ(たまにしか歌わん女の人)の声を聞くと落ち着く、勉強した頭を一瞬冷やす時間に使える。

③日本語で歌っているけど異国の言葉に聞こえるから、歌に集中することなく流せる

 

そして彼から「マキシマムザホルモン」のCDを借りるのですが、人様の物を借りてあんなにドキドキしたのは後にも先にもこの時だけです。家に持ち帰ってからCDに拝みましたよね。

ちなみにこの文章かきながら「うわあ、めっちゃ青春してんなーわたし」って思ってます。こんなピュアな子が三重県にいたようです。

 

それで私は彼のように「マキシマムザホルモン」を聞きながら勉強するわけですが、あれ?全然勉強はかどんないよ?あれ?ってなります。だって私、根っからのカラオケ好きだし、彼のこと大好きだからマキシマムザホルモンの歌詞さえ愛でちゃうよ〜!!!てなわけで歌詞カードみながら歌ってましたよね。。。はて、勉強とは、、、

しかしですね、彼のこの勉強法、間違いではないんです。真面目な話はっじまっるよー。

音楽と脳と空間プロデューサー

記憶することは勉強する上で大事なのですが、記憶力を司る脳は複雑な作業で記憶することを好みます。ただ単に「書き続ける」「読み続ける」では効率として悪いのです。

複数の動きと五感の刺激を組み合わせて脳の記憶力を活性化させる必要があります。

そこで勉強と音楽(聴覚)を組み合わせて活性化させます。

音楽を聞きながら勉強すると、脳みそ記憶局に必要な成分をバランスよく分泌してくれます。

やる気を出させてくれたり、リラックスして勉強に集中させてくれたり、かの有名な個別指導塾みたいな空間が音楽を流すことによって得られます!

 

また脳には記憶の引き出しがあるのですが(詳しく言い始めたら海馬やら大脳皮質やらと終わりが来ないので簡単に説明しますね、気になる方はググってみてください)その引き出しから欲しい情報を外に出すのに、音楽が手助けをしてくれるのです。

懐メロを聞いて昔を思い出す、あるあるですよね。YUIの「CHE.R.RY」を聞くと、この彼との思い出がよみがえります。うふふ。そんな感じで音楽が脳を刺激してくれるんです。

皆さんも集中が切れて「あ”〜なんか飲も」や「気分転換しよ〜」と立ち上がって他のことをし始めたりしていませんか?椅子から1歩離れてしまうと再び机に向かうのが難しくなります。

しかし音楽がかかっていたら、それを少し聞くと気晴らしになるので座ったまま短時間で気分転換ができます。そうしてまたスムーズに仕事に戻れます。これは音楽のいいところですね。

 

いやこれ①1曲の中に抑揚が沢山あって、その抑揚ごとに覚えることが出来る。②ナヲ(たまにしか歌わん女の人)の声を聞くと落ち着く、勉強した頭を一瞬冷やす時間に使える。みたしてない?合理的〜!!

選曲プロデューサー

選曲ですが、「聞き取れる声」が入っていると言語中枢が動いてしまい、「歌詞」に気を取られてしまうので母国語のものは避けた方がいいでしょう。
言ってしまえば「BGM」となる曲を選曲すべきです。クラシックやジャズだけでなく自然音(雨音や虫の声など)、サントラもおすすめです。

「マキシマムザホルモン」に戻るのですが、このグループの曲は歌詞カードこそ、いやナヲが歌っているところこそ「日本語」ですが、まじでちょっと何言ってるか分からない〇△□✕%※です。

私がよく聞いていた「ルイジアナボブ」の歌詞ですが

歯車狂うサークル生命綴る心削る者不満でランデブー邪眼イカレMind肥満百貫デブチャガスタンガンかまえ

ルイジアナボブ/マキシマムザホルモン 作詞マキシマムザ亮君

うん、ちょっと何言ってるか分からない〇△□✕%※。

歌い方も独特なので何回も言いますけどちょっと何言ってるか分からない〇△□✕%※。そこがいいんですけどね。だからこそ彼が言う③日本語で歌っているけど異国の言葉に聞こえるから、歌に集中することなく流せるというのに当てはまるのでしょうね。

まあマキシマムザホルモンを選曲するかはアナタ次第ですが(私の二の舞を演じないように)、音楽を聞いて勉強するというのは理にかなっています。

 

とはいえ自分に合った勉強法が1番です。彼のように音楽を流しながら勉強するのもいいし、月曜日はウォーキングしながらヒアリングして、火曜日は単語帳などのフラッシュカード記憶、と曜日で変えてみるのもいいです。なんだかんだ勉強法を確立できた人が学力が伸びるんだと思います。

まとめ

ただ!間違いなく!言える事は!スマホは電源を切って別室に置いておこう!

私が学生の時はスマホではなくガラケーだったけれど、それでも勉強の妨げになっていた!「ピコン!」って連絡が来て「ちょっとだけ〜」ってメール見はじめたら「え!もう1時間たってる!」なんてこともしばしば。

 

スマホが勉強にプラスで働くことはない!ちょっとプラスがあったとしても大きなマイナスによってかき消されます。

てことは!!!この記事も!!!大きなマイナスなんかな!?やっぱり無益なの!?え!ちょ!アナタ!勉強しなさいよ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました